アパレル店員にあこがれる人って、今も昔も変わらずたくさんいらっしゃるようです。
テレビ、雑誌などを見ていれば毎日のように雑誌のモデルさんであったり、最近だと読者モデルさんも出ずっぱりで、華やかなイメージが強いですよね。

もちろん、それだけではなくて、やっぱり自分自身を楽しませるために素敵なお洋服を着ることって、とても大事なことなんじゃないかと思います。
素敵なお洋服を着れば、気持ちも盛り上がってきますし、着用している衣服が心身に色々な影響を及ぼしていくことも、最近では研究されているほどなんです。
少し話は逸れましたが、基本的にアパレル店員を目指している人って”オシャレが好き”な方しかいません。
自分の好きを仕事にできる、そんな魅力ある仕事の一つがアパレル店員なのではないでしょうか。

そこで、今回は最近のアパレル求人事情であったり、アパレル店員になる魅力など、色々な面からお伝えしていきたいと思います。

アパレル店員になりたい人の動機

大抵の場合は、なりたいと感じている、考えている人の大半はオシャレが好きということが共通していると思います。
学生の頃からずっと憧れていて…という声を聞くことは全然珍しくありません。

また、アパレル店員になりたいと考えている人の多くは、決してどこの企業・ブランドでもいいわけではなく、やっぱり”自分の好き”と噛み合う場所を探しているというのが実情でしょう。

確かに、アパレル店員のお仕事って、考えてみれば自分の好きなものをお客様に勧めるという点も少なからずありますので、着たくないな…と思うようなイメージのものを人にウマく進めるのは難しいですよね。

また、そのお店の服を着て接客する必要があるパターンが多いので、好きではないお店で働くなんてある意味ナンセンスなのかもしれません。

アパレル店員になりたいナギサちゃん

ナギサ

ユカちゃん!アパレル店員について聞きたいんだけどいいかな??

ユカ

どうしたの?ナギサちゃんアパレル店員に興味ある感じ?

ナギサ

そうなの!実はアパレル店員に転職しようかなって考えてて…。
それでユカちゃんアパレル店員として働いてるし、いろんなこと聞けたらなって思って!

ユカ

そうなんだ!私で良かったら何でも聞いて!

ナギサ

ありがとう!
ユカちゃんはアパレル店員になって良かったって思うことってある?

ユカ

アパレル店員になって良かったことかぁ。
たくさんあるよ!
まずは自分の好きなブランドの服を着て仕事ができることかな!
もともと好きだったブランドのお店で今働いてるんだけど、やっぱり好きな物に囲まれて仕事ができるのってすごく嬉しい!

ナギサ

そっかぁ。
私も好きなブランドあるからそのお店で働けたらいいな!
好きな物に囲まれた仕事って楽しみながら仕事ができそうで良いね!!

ユカ

うん!新作の洋服も入ってくるから流行をすぐ知れるし、アパレル店員になる前よりお洒落になれたかなって思う!
あと良かったなって思ったことはアパレル店員は平日休みが多いことかな。

ナギサ

え、なんで平日休みだといいの??

ユカ

平日休みだと、例えばどこかに出掛けた場合空いてることが多いんだよね!
でもその分、休日と祝日休みの友達と予定がなかなか合わないっていうデメリットもあるんだけど…。
私は人混みが苦手だから空いてる方が有難いんだけどね!

ナギサ

土日はどこも混みやすいもんね~。
他にもデメリットってある?
アパレル店員の大変なところも知っておきたい!

ユカ

大変なところももちろんあるよ!
仕事中は立ってることがほとんどだから足がすごく疲れたり…。
これは慣れれば大丈夫だけどね!
あとは洋服を買わなくちゃいけないからお金がかかるところかな。

ナギサ

立ち仕事だもんね、慣れるまでは大変そう…。
それに洋服も買わなきゃいけないんだ。
確かにアパレル店員さんはそのブランドの洋服着てるもんね!
全身だと結構かかりそうだね。

ユカ

社割で買えるから、普通に買うよりは安く買えるんだけどね。
でも私はやっぱり自分が好きなブランドだし、そんなに苦には感じないかな!

ナギサ

そっか!アパレル店員って魅力がある仕事だね!

ユカ

うん!もちろん大変なこともあるけど、お客さんと直接関われる仕事だしやりがいもあるよ!
ナギサちゃんももしこれからアパレル店員になりたいんだったらぜひおすすめしたい仕事かな!

ナギサ

教えてくれてありがとう!
アパレル店員への転職検討してみるよ~!

今時のアパレル求人事情

昔から変わらず、全体的にみてみればアパレル系の求人数自体は減少しておらず、一定以上の求人情報が出されています。
そう考えてみると、アパレル店員になるためのハードル自体はそこまで高いことはない、ということでしょう。

経験者だけでなく、未経験者歓迎というアパレル求人も決して少なくありませんので、ある意味”なろう”と思ったその日から、気軽な気持ちで応募に踏み切ることができるのです。

例えばアパレル系求人サイト『RUN-WAY』があります。
ここには質の高い求人が集まっているので、ぜひ一度覗かれてみてはいかがでしょうか。

画像出典元:https://run-way.jp/